帝王切開での出産

日本において帝王切開での分娩は全体の16パーセントほどにのぼり、6人に1人の赤ちゃんが帝王切開により誕生しています。近年、帝王切開での分娩が増加傾向にあるのは、手術の技術が向上してより安全性が確保できるようになってきたことや、赤ちゃんの安全を重視する傾向によるものと考えられます。

 

また、帝王切開は外科手術の中でも安全性が高くお母さんの回復も比較的早い手術です。分娩時のトラブルで医師が訴えられる訴訟の増加などとともに、より安全性の高い帝王切開が選択肢の一つとして大きな位置を占めるようになってきました。ちなみに、帝王切開の割合はアメリカでは3割、ブラジルや韓国では4割に上ります。

 

出産は命がけ、と、日本では昔から言われています。自然分娩での出産の大変さをさしているものですが、帝王切開での出産もまた、お母さんにとってはとても大変です。一つの命を誕生させることに、文字通りお母さんは身を削るのです。それは自然分娩でも帝王切開でもなんら変わらず、母性なしには成し遂げられないものでしょう。

 

帝王切開は、自然分娩が難しいと判断されたときに選択される分娩方法です。その原因は、赤ちゃんにあることもありますしお母さんに生じることもあります。とはいえ、人が一人一人違うように、お母さんのお腹の中に誕生したときから赤ちゃんもそれぞれ自分の人生を抱えています。帝王切開で生まれた、ということは、これから赤ちゃんが生きていく長い年月の中で記憶の中にも残らないことです。

 

若し、自然分娩で産まないことに不安を抱えているお母さんがいたら、もっともっと大切なこと、お母さんが元気でたくさん赤ちゃんをかわいがってあげられるように、今考えたり用意できることはたくさんあります。手術が心配なお母さんはたくさん質問をして、どうかお医者さんを信頼してください。出産の後には、赤ちゃんとの毎日がやってくるのですから。