予定帝王切開と緊急帝王切開

予定帝王切開(妊娠中の検査であらかじめ帝王切開が準備されるケース)と緊急帝王切開(分娩中に自然分娩を継続できない理由が生じたときに急遽帝王切開に切り替えられるケース)、それぞれの原因の主だったものをまとめてみました。

 

【予定帝王切開になる原因】

 

● 逆子
通常子宮の中で赤ちゃんの頭は下を向いているが、上を向いている。そのため産道を通ってくるときにへその緒が産道の壁に挟まって酸素が途切れてしまったり、赤ちゃんの首に絡まってしまう危険性がある。

 

● 多胎妊娠
双子や三つ子の場合、妊娠中毒や切迫流産になりやすく、手術時間が短くお母さんや赤ちゃんの体力的な負担が少ない帝王切開を選択。

 

● 児頭骨盤不均衡
赤ちゃんの頭が、お母さんの骨盤より大きくて産道を最後まで通り抜けられない。

 

● 前置胎盤
胎盤が産道の入り口をふさいでしまっている。

 

● 前回帝王切開
すでに帝王切開で出産をしているお母さんだと、子宮の傷跡の皮膚が薄くなっている恐れがあり、出産のいきみによって子宮破裂が懸念される。

 

● 高齢出産 子宮や産道がなかなか十分に伸びにくく、赤ちゃんが降りてくるのが難しい。

 

 

【緊急帝王切開になる原因】

 

● 胎児機能不全
分娩中にへその緒が圧迫されて酸素が届かなくなり仮死状態となってしまう。

 

● 常位胎盤早期剥離
赤ちゃんの出生前に胎盤がはがれて子宮の中で大出血が起こる。緊急に赤ちゃんを取り上げる必要性がある。

 

● 微弱陣痛
子宮の収縮力が弱く、陣痛の時間が長くお母さんが体力を消耗してしまう、陣痛促進剤を打っても陣痛が強くならない。

 

● 遷延分娩
子宮口が堅くて、赤ちゃんが通り抜けられるほどに開かない。

 

● 回旋異常
赤ちゃんは産道を通るとき頭を回しながら出てくるが、それがうまくいかなくて降りてこない。