手術着に着替える

手術室に入る前に手術着に着替えます。手術着は病院によっても違いますが、すぐに脱げるようにマジックテープなどで簡単に固定するものです。

 

手術室へ移動して手術台に乗るときは、多くの場合全裸です。手術でお腹を切る場所はほんの少しなのですが、感染を防ぐために広い範囲に剃毛や消毒をするためです。出産時とはいえ、全裸になるのは抵抗があるものです。病院によっては清潔な布などで可能な部分は覆ってくれるところもありますから、事前にその病院の手術方法を確認しておくのもいいかもしれません。

 

剃毛する範囲は、これもまた病院によって大きく異なります。胸の下からお尻の方まで、びっくりするくらいきれいにそってしまう病院もあるし、手術する箇所の周辺のみ、というところもあります。執刀する医師が必要だと考える範囲で違ってくるのですが、出産という大きな流れの中で、全裸ということも含めて、手術においては「まな板の上の鯉」と腹をくくってしまったほうがいいときもあります。医師や看護士は感染症や合併症から赤ちゃんとお母さんを守るために必死にがんばってくれていると信じましょう。

 

手術室ではお母さんの体の変化をいち早く見つけられるように、血圧計や心電図計が取り付けられます。赤ちゃんの心音もモニターで常に観察されていますから、そのときそのときに必要な処置を医師はすぐにとることができるようになっています。

 

説明を受けていたとはいえ、初めての帝王切開のお母さんはびっくりの連続でしょう。しかし、赤ちゃんの誕生を目前に控えているときです。お母さんには、次々に乗り越えなければいけないステップがまだまだ続きます。一人の命を受け止めていく母としての第一歩です。