麻酔

麻酔

予定帝王切開での麻酔は下半身の感覚を、麻痺させる局所麻酔です。お母さんは手術中でも意識があるので、赤ちゃんが生まれるとすぐに対面することができ、産声を聞くこともできます。麻酔の種類は、腰椎麻酔と硬膜外麻酔があります。

 

腰椎麻酔は背骨と背骨の間に細い注射針で麻酔薬を注入します。注入する場所はクモ膜下膣という場所で、ここに麻酔薬を注入することで脊髄から出ている神経をしびれさせて一時的に感覚をなくします。腰椎麻酔は持続時間が短いので、手術が長びくような場合はほかの麻酔方法と併用します。

 

硬膜外麻酔は脊髄の硬膜外膣に細い管(カテーテル)を挿入して麻酔薬を注入し、下半身の感覚を麻痺させる局所麻酔です。手術中でもカテーテルを通して麻酔薬を注入できるので、手術の経過によって時間が延びても対応できます。また、術後、すぐにはカテーテルはとってしまわないので、痛みがひどいときの痛み止めをそこから入れることもできます。

 

緊急帝王切開では全身麻酔になることもあります。手術中にはお母さんの意識がなくなるので出生時の対面は残念ながらできません。また、麻酔の影響で頭痛や吐き気を感じることも、局所麻酔より全身麻酔のほうが多いようです。

 

麻酔はアレルギーテストを行ってから打ちます。後遺症はほとんどありませんし、赤ちゃんにも麻酔の影響は出ません。また、麻酔が効いていることを確認してから手術を始めるので、麻酔が効いていないことでひどい痛みを経験することはありません。ただし、麻酔を打つときは痛みを感じます。また、麻酔による頭痛や吐き気といった症状も人により違いがあるようです。

 

術後、麻酔が切れると手術による傷の痛みと、後陣痛でお母さんは一時的ではありますがつらい時間が訪れます。そんなときは我慢せずに医師や看護士に訴えて、できるだけ痛みを除去してもらいましょう。