切開から誕生まで

帝王切開の手術は、最初にメスが入れられてから終了するまで30分から1時間程度です。開始して10分ほどで赤ちゃんと対面できます。また、手術室には執刀医のほかに補佐の医師、麻酔科や小児科の医師、看護師などたくさんのスタッフが待機しています。帝王切開の手術の途中で、お母さんや赤ちゃんに、もし、何かが起こっても直ちに対応できる状況になっています。

 

手術に先立って麻酔を打ちます。麻酔が効いたことを確認してから手術が始まります。下腹部にメスを入れる方向ですが、縦に切るか横に切るかは、医師の方針やお母さんの希望のほかにお腹の中の赤ちゃんの位置にもよります。皮膚から子宮に向かって、体は何層もの組織が重なっていますから順にメスを入れていきます。ちなみに子宮は特別のことがない限り横に切開されます。子宮の壁を切開して卵膜が破られると、羊水が溢れます。そして、医師の手によって子宮から赤ちゃんが取り上げられます。

 

赤ちゃんはすぐに待機している小児科の医師に引き渡されます。赤ちゃんの鼻や口に詰まっている羊水を吸引するなど、出生後まず最初に施される処置が済むと、やっとお母さんとの対面です。看護師に抱かれて赤ちゃんはお母さんの近くまで来てくれます。

 

とはいえ、お母さんがゆっくり赤ちゃんと過ごせる時間までに、果たさなければならないことがまだまだたくさんあります。赤ちゃんもまた、急激に外界に出されるわけですから、体温を一定に保ってあげる必要があります。そのためにも赤ちゃんは出生後、すぐ保育器に入るケースが多いようです。

 

局所麻酔を受けている母さんの下半身は感覚がないのですが、なかには痛みはないが切られている感覚や子宮に人の手が入っていく感覚は感じられる人もいます。手術ですから出血を伴います。お母さんの体のダメージを最小限に抑えるべく、速やかに手術を終えるよう医師もまたがんばっているのです。