帝王切開の傷について

帝王切開の手術ではお母さんのお腹を切開して赤ちゃんを取り上げるので、10cmから12cmくらいの傷が残ります。切開方法は縦切開と横切開があります。

 

縦切開はおへその辺りから下に向かってお腹の中心を切開します。出血が少なく手術時間が短いので、お母さんにとってはより安全で負担の少ない切開方法です。緊急帝王切開などの場合、縦切開になることが多いようです。おへそから下ですから、傷跡は下着には隠れません。横切開と比べると少し目立ってしまうといえるでしょう。

 

横切開は、お腹の下のほうを横に切開するので、結果として傷口は下着に隠れやすくなります。また、人間の皮膚は横方向の傷を速やかに治癒する性質があり、早く目立たなくなるのも横切開です。

 

縦切開になるか横切開になるかは、出産を行う病院や医師の方針、帝王切開の原因、赤ちゃんの位置、あるいはお母さんの体質などさまざまです。しかし、特に問題がなければ、どちらかお母さんが選べる病院が増えてきているようです。自然分娩を予定していても、急遽帝王切開に切り替わる可能性は誰にでもあります。切開方法に希望がある場合は、事前に病院の方針などを聞いておいたほうがいいでしょう。

 

また、皮膚だけではなく、子宮も、筋肉や腹壁などの組織も切開していますから、複合もそれぞれ行っています。傷口が何層にも重なっている状態です。子宮の切開は、特別なことがない限り横切開で行っています。

 

傷跡はお腹が小さくなるにしたがって小さくなってきます。また、放っておくと皮膚の引っ張る力は傷と垂直方向に働くので傷口が広がってきてしまうこともあります。手術の跡を目立たなくするためのテープが市販されていますから、気をつけてケアを行いましょう。次第に赤みが取れ、目立たなくなっていきます。