帝王切開後はケロイドのようになるのか

一般的に帝王切開でできた術後の傷は、3ヶ月前後で赤みが消えてきて徐々に薄くなり、1年経ったころにはほとんど目立たないくらいにきれいになります。また、お腹が小さくなるにしたがって、傷口も小さく目立たなくなってきます。

 

しかし、術後のケアや体質によってはケロイド状になってしまう人もいます。赤く盛り上がってしまうのですが、すれると痛かったり痒かったりすることもあります。ただ、ケロイド状になってしまったからといって、治らないわけではありません。時間とともにだんだん薄く目立たなくなってきます。それでも、一部の人には残ってしまうこともあります。しかし、それも傷口のケアを丁寧にすることで、治療する方法はあります。

 

病院で指導してくれるといいのですが、術後の早い段階、抜糸やステープラーの針が抜けた後にテープを貼って傷口を寄せておくという治療方法があります。通気性の良いテープが市販されていますし、病院で購入できることも多いので聞いてみてください。傷口は縫合するときに寄せてあるのですが、皮膚には引っ張る力が傷と垂直方向に働きます。

 

また、人の肌は横方向に引っ張る力のほうが強いので縦切開のほうが傷口が開きやすいということもあります。傷口がきれいにくっついてしまうまで皮膚をテープで寄せておくことで、傷口の開きを防いで傷跡をきれいに目立たなくすることができるのです。ただし、テープでかぶれを起こす体質の人もいますから、いくつかのテープを試してみて自分の皮膚に合うものを探すことも大切です。

 

また、一時的にケロイド状になってしまっても、塗り薬とテープの併用での治療もできます。薬に関しては授乳期間などの関係で、必ず医師の指示によらなければなりませんが、ケロイド状になってしまったからといって、あきらめてしまうことはありません。また、形成外科などで処置してもらうこともできますから、相談してみましょう。何もしなくてもきれいに傷跡が治ってしまう人もいますが、できるだけ早目に術後のケアを始めておくほうが、きれいなお腹に戻すにはやはりいいでしょう。