帝王切開後の産後ダイエット

帝王切開での出産後におけるダイエットですが、手術による傷の回復に気をつけるという点を除いては自然分娩と変わりません。

 

ウエストやお腹などのスタイルの回復に関しては、帝王切開用で出産した人用のウエストニッパーがあります。傷に当たる部分にクッションなどがついていて、術後のお母さんの体に配慮して作られています。もちろん、傷口の回復状況を見ながらの使用開始になりますが、比較的、、入院中からの使用という人が多いようです。その際には、医師や看護士の指導の下でつけることになりますから安心です。あまりきつく閉めると傷口が開いてしかうことがありますので、最初はゆるめに巻きます。

 

1ヶ月検診などで医師の診察を受けながら徐々にきつく巻いていったほうがいいでしょう。また、ニッパーの代わりにさらしを巻く方法もあります。通気性がよく蒸れません。また、締め付けも自由に調整ができます。また、体型補正用のガードルもあります。出産後、なかなか買い物に行くのは難しいと思いますので、あらかじめ用意しておいたり、インターネットなどで注文し購入する方法もあります。

 

運動に関しては、子宮の回復を促す産褥体操は、出産後の早い時期から始めたほうがより効果がありますし、術後の傷に影響のない体操などは病院でも指導してもらえます。検診などのときに傷口がしっかりしていれば、お医者さんからも運動の許可は下りるでしょう。急激な運動を自己判断ですることは危険ですが、お医者さんに相談しつつ、むしろ体を動かすために外へ出たほうが、お母さんにとっても気分転換にいいのです。ちょっとおしゃれをして買い物がてら散歩をするだけでも、ずっと家の中で赤ちゃんの世話をしているときには新鮮な喜びを感じるでしょう。

 

体重に関するダイエットは、育児に追われる段階ではあまりお勧めしません。もちろん、お医者さんの指導によって行われるものは除きますが、母乳保育を行っているとき、または、行っていなくても育児は体力勝負です。栄養のバランスを崩しかねないダイエットは、自戒しなければならない時期です。栄養バランスの取れた食生活をしながら、適度に赤ちゃんの気分転換を兼ねた散歩などの運動を取り入れつつ、体を引き締めていきましょう。