帝王切開後の二人目妊娠

帝王切開での出産以降の妊娠ですが、同じように帝王切開でないと出産できないということはありません。帝王切開の後に自然分娩での出産を経験しているお母さんは多数います。では、帝王切開になる場合と自然分娩になる場合とは、何が違うのでしょうか?

 

まず、最初の帝王切開の原因が何か、ということからみてみます。狭骨盤や遷延分娩など、2回目以降も条件が変わらないときは、帝王切開が予定されます。また、最初の帝王切開で子宮の切開を縦に行っているときも、傷口が自然分娩のいきみの圧力に耐えられず子宮破裂を起こしやすいので帝王切開となります。逆子や前置胎盤などで初回帝王切開になった場合は、2回目以降同じ状況でなければ自然分娩が可能です。

 

ただ、一度子宮を切開しているので、一般の自然分娩に比べるとリスクは大きくなります。何年か経過していても、一度メスを入れた場所はどうしてもほかの箇所よりは弱くなっているので、再度裂けてしまう危険性は考えられるからです。このリスクのために、一度帝王切開を経ているお母さんは、すべて帝王切開での出産を勧められる病院も決して珍しくはありません。最優先されるべきは、赤ちゃんと母体の保護なのです。

 

自然分娩が可能であると医師が判断した場合、お母さんもまた、自然分娩に伴うリスクを理解したうえで、きちんと自分の意思で決定しなければなりません。また、同意書へのサインや、少しでも危険性が高まった場合は速やかに帝王切開への切り替えを行うことなど、さまざまな約束事が取り交わされます。病院としても、リスクのある出産ということで、想定される状況に速やかに対応できる準備やたくさんのスタッフを待機させる必要があります。

 

また、帝王切開での出産後何年経過しているかも大きな要素です。お母さんの体への負担を考えれば、年子での出産は避けたほうがいいでしょう。傷がまだ癒えていない状態での妊娠は、お腹が膨らんでくることだけでも傷口が開きやすいリスクが考えられます。自然分娩で産んだとしても、1年はあけてからの妊娠が望ましいと言う医師もいます。どちらの方法にしろ、出産はお母さんの体にとっては大事業です。あせらず、ゆっくりと体を休ませてあげましょう。

 

自然分娩か帝王切開か、次の出産まで何年待つか。いずれにせよ、自分が置かれた状況でベストを尽くす、おそらくは子育ての中で繰り返し直面することの一つとして、どうか、落ち着いて考えてください。