帝王切開の費用と保険

帝王切開による出産費用は、健康保険が適応できる項目と、自己負担となる項目があります。病院からの退院時に請求される金額は、その両方を合算したもので請求書に内訳が詳しく載ってきます。

 

保険が適応される項目は手術料、麻酔料、手術の処置料、投薬料、手術後の診察料、入院料などです。これらは医療行為とされているため、一般の医療に対する支払いと同じ、3割負担になります。分娩費や差額ベッド代などは全額自己負担となります。料金の項目やセット料金など、病院によって明細は変わってきます。帝王切開は実質、全額自己負担となる自然分娩よりは高額になりますが、医療行為として保険の適応ができる項目がありますので、一般的には本人の持ち出し分はあまり変わりはありません。

 

自然分娩に関しても全く同じことが言えるのですが、帝王切開の出産費用は条件によって全く異なってきます。本人持ち出し分は12日前後の入院で30万から40万円というケースが多いようなのですが、病院の設備、サービス、出産する地域、出産時期によっても異なります。また、入院が長引けばそれだけ費用は高くなりますし、予定帝王切開か緊急帝王切開かによっても違ってきます。

 

病院の設備やサービスによっても、料金は変わってきますが、かといって、とてもよいサービスを受けても、それほど高額ではない病院もあります。病院を選べるときは事前に問い合わせしてわかる部分までは聞いておいたほうがいいでしょう。また、インターネットで帝王切開にかかった費用を調べると、参考になるデーターがさまざまなサイトに出ています。

 

出産に関しては出産一時金が出ますから、入院にかかる費用はほとんどそれでまかなえます。また、健康保険の適応となる部分は3割負担となるだけではなく、高額療養費制度の対象となるので、一定の金額(収入により異なる)を超えた分の払い戻しを受けることができます。また、帝王切開は一般の生命保険料の支払い対象となり、入院給付金、手術給付金も受け取れます。

 

トータル黒字になることも珍しくはありませんが、それはそれ、赤字であっても、お母さんと赤ちゃんが元気で、少しでも早くお母さんの傷が治って痛みが取れること、それが一番の望みですよね。

妊娠・出産は病気ではありませんので、自然分娩は全額自己負担です。一方、帝王切開は手術を伴う出産で、医療行為として健康保険が適用されます。健康保険の対象となる医療行為に対しては3割の支払いとなります。とはいえ、全ての費用が健康保険適用の対象となるわけではありません。手術費とその後の診察費、薬や点滴の費用、などです。さらに、高額療養費制度の対象ともなりますから、月に一定額の支払い(所得により異なる)を超えた分は還付されます。

 

そのほかの費用は、帝王切開で赤ちゃんを出産しても自己負担です。毎月の検診費や病院で支払う分娩費、差額ベッド代(部屋代)などは健康保険適用対象にはなりません。

 

また、赤ちゃんに関する費用も、低体温などで保育器に入るなど治療の必要性がある場合には、医療行為なので健康保険が適用されます。また、ほとんどの自治体で乳児医療の助成は行われていますから、赤ちゃんにかかった医療費はあらかじめ免除されるか還付されることが多いので病院か市役所の窓口で確認をしてみてください。

 

帝王切開で出産しても、出産一時金は自然分娩と同じく、赤ちゃん一人につき35万円の支払いを受けることができます。双子の場合、70万円になります。また、帝王切開は一般の生命保険や簡易保険、共済保険でも、手術給付や入院給付が行われます。契約している保険内容をあらかじめ理解しておくことも大切です。

 

退院するとき料金清算した際に受け取る明細票で、高額療養費制度や乳児医療助成金の対象となっている項目はないか、今一度確認をしてみましょう。

帝王切開による出産では、生命保険で医療保障に入っていれば「入院給付金」「手術給付金」を受けることができます。

 

手術給付は、帝王切開の手術が保険契約の手術給付の対象となっているので受け取ることができます。また、子宮筋腫などの除去を帝王切開の時に一緒に行えば、その分の給付も受けることができるので、病院から保険会社に提出する書類の内容は確認をしたほうがいいでしょう。

 

入院給付金も、一日の補償額を規定の除外を行った日数分受け取ることができます。保険会社や契約している保険によっても条件は違いますが、女性疾病入院特約に加入していれば、入院給付金はさらに上乗せされます。

 

これらは民間の生命保険だけではなく、郵便局が民営化される以前に契約した簡易保険や共済保険でも支払われることが多いので、生命保険の契約内容を確認してください。生命保険の給付金は申請しなければ給付されませんから、ただ待っていてはいけません。

 

自分ではわからなかったら必ず保険会社に問い合わせをして、手続きに関しても教えてもらいましょう。また、帝王切開に関しては、2度目3度目の手術に関して、「何年あける」という条件がついている場合があります。その条件の年数以内の出産に対しては給付金が支払われませんから注意してください。

 

帝王切開で出産すると、生命保険での給付金は予想外に多いものです。帝王切開は術後も自然分娩よりも回復が遅かったり、医療行為を受けることも多いでしょう。ですから給付金が受け取れるのはとても助かるのですが、請求の際には帝王切開が「異常分娩」であるとの記載にお母さんはぶつかってしまいます。それは、あくまで文言上のことに過ぎませんが、このような表現が早く改まることを願います。

医療費控除の対象となる出費は、「治療に必要であるか」という判断によってなされますが、分娩にかかる費用はほとんどが対象とされます。

 

妊娠の確定診断を受けてからの定期健診、分娩費、入院費、手術料、通院交通費、薬代、鍼灸治療やマッサージの代金、通院のための交通費などが医療費控除の対象となっているものは多岐にわたっていますから、レシートや領収書は必ず捨てずにとっておいてください。もちろん、お母さんに対する請求だけではなく、赤ちゃんに対してかかった医療費も対象です。

 

病院から処方されたものだけではなく、一般の薬局やドラッグストアーで購入した薬(シップ薬など)も、医療費控除の対象となりますが、同時に購入している洗剤などはレシートの合計から除かれます。

 

気をつけなければならないのは、支払った金額だけではなく、出産一時金や高額療養費制度で戻ってきたお金、一般の保険会社や共済の生命保険からの給付を差し引かなければいけないことです。乳児医療費も同じです。受給を証明する書類をなくさないようにしましょう。

 

帝王切開での出産の場合、お母さんが生命保険に加入していて、手術給付金や入院給付金などを受け取っていると、差し引き黒字になることも珍しくありませんが、医療費控除は家族単位でなされますから、お父さんや他の兄弟姉妹の分も合算して、10万円を超えていたら申請しましょう。

 

赤ちゃんを連れて、税務署の込み合った窓口へ行くのはとても大変です。書類だけもらってきて自宅で記入して郵送することもできますし、インターネットでの還付申請もできます。ちょっと苦手だから、というお母さんも、窓口に相談してください。3月の込み合った時期をはずして、ゆったりと対応してもらえる時期はいくらでもありますし、実際手続きは対して時間も手間もかかるものではありません。帰ってくるお金はきちんと受け取り、必要なものの購入に当てましょう。