帝王切開にかかる費用

帝王切開による出産費用は、健康保険が適応できる項目と、自己負担となる項目があります。病院からの退院時に請求される金額は、その両方を合算したもので請求書に内訳が詳しく載ってきます。

 

保険が適応される項目は手術料、麻酔料、手術の処置料、投薬料、手術後の診察料、入院料などです。これらは医療行為とされているため、一般の医療に対する支払いと同じ、3割負担になります。分娩費や差額ベッド代などは全額自己負担となります。料金の項目やセット料金など、病院によって明細は変わってきます。帝王切開は実質、全額自己負担となる自然分娩よりは高額になりますが、医療行為として保険の適応ができる項目がありますので、一般的には本人の持ち出し分はあまり変わりはありません。

 

自然分娩に関しても全く同じことが言えるのですが、帝王切開の出産費用は条件によって全く異なってきます。本人持ち出し分は12日前後の入院で30万から40万円というケースが多いようなのですが、病院の設備、サービス、出産する地域、出産時期によっても異なります。また、入院が長引けばそれだけ費用は高くなりますし、予定帝王切開か緊急帝王切開かによっても違ってきます。

 

病院の設備やサービスによっても、料金は変わってきますが、かといって、とてもよいサービスを受けても、それほど高額ではない病院もあります。病院を選べるときは事前に問い合わせしてわかる部分までは聞いておいたほうがいいでしょう。また、インターネットで帝王切開にかかった費用を調べると、参考になるデーターがさまざまなサイトに出ています。

 

出産に関しては出産一時金が出ますから、入院にかかる費用はほとんどそれでまかなえます。また、健康保険の適応となる部分は3割負担となるだけではなく、高額療養費制度の対象となるので、一定の金額(収入により異なる)を超えた分の払い戻しを受けることができます。また、帝王切開は一般の生命保険料の支払い対象となり、入院給付金、手術給付金も受け取れます。

 

トータル黒字になることも珍しくはありませんが、それはそれ、赤字であっても、お母さんと赤ちゃんが元気で、少しでも早くお母さんの傷が治って痛みが取れること、それが一番の望みですよね。