帝王切開で保険が適応される部分

妊娠・出産は病気ではありませんので、自然分娩は全額自己負担です。一方、帝王切開は手術を伴う出産で、医療行為として健康保険が適用されます。健康保険の対象となる医療行為に対しては3割の支払いとなります。とはいえ、全ての費用が健康保険適用の対象となるわけではありません。手術費とその後の診察費、薬や点滴の費用、などです。さらに、高額療養費制度の対象ともなりますから、月に一定額の支払い(所得により異なる)を超えた分は還付されます。

 

そのほかの費用は、帝王切開で赤ちゃんを出産しても自己負担です。毎月の検診費や病院で支払う分娩費、差額ベッド代(部屋代)などは健康保険適用対象にはなりません。

 

また、赤ちゃんに関する費用も、低体温などで保育器に入るなど治療の必要性がある場合には、医療行為なので健康保険が適用されます。また、ほとんどの自治体で乳児医療の助成は行われていますから、赤ちゃんにかかった医療費はあらかじめ免除されるか還付されることが多いので病院か市役所の窓口で確認をしてみてください。

 

帝王切開で出産しても、出産一時金は自然分娩と同じく、赤ちゃん一人につき35万円の支払いを受けることができます。双子の場合、70万円になります。また、帝王切開は一般の生命保険や簡易保険、共済保険でも、手術給付や入院給付が行われます。契約している保険内容をあらかじめ理解しておくことも大切です。

 

退院するとき料金清算した際に受け取る明細票で、高額療養費制度や乳児医療助成金の対象となっている項目はないか、今一度確認をしてみましょう。