民間の生命保険に加入している場合

帝王切開による出産では、生命保険で医療保障に入っていれば「入院給付金」「手術給付金」を受けることができます。

 

手術給付は、帝王切開の手術が保険契約の手術給付の対象となっているので受け取ることができます。また、子宮筋腫などの除去を帝王切開の時に一緒に行えば、その分の給付も受けることができるので、病院から保険会社に提出する書類の内容は確認をしたほうがいいでしょう。

 

入院給付金も、一日の補償額を規定の除外を行った日数分受け取ることができます。保険会社や契約している保険によっても条件は違いますが、女性疾病入院特約に加入していれば、入院給付金はさらに上乗せされます。

 

これらは民間の生命保険だけではなく、郵便局が民営化される以前に契約した簡易保険や共済保険でも支払われることが多いので、生命保険の契約内容を確認してください。生命保険の給付金は申請しなければ給付されませんから、ただ待っていてはいけません。

 

自分ではわからなかったら必ず保険会社に問い合わせをして、手続きに関しても教えてもらいましょう。また、帝王切開に関しては、2度目3度目の手術に関して、「何年あける」という条件がついている場合があります。その条件の年数以内の出産に対しては給付金が支払われませんから注意してください。

 

帝王切開で出産すると、生命保険での給付金は予想外に多いものです。帝王切開は術後も自然分娩よりも回復が遅かったり、医療行為を受けることも多いでしょう。ですから給付金が受け取れるのはとても助かるのですが、請求の際には帝王切開が「異常分娩」であるとの記載にお母さんはぶつかってしまいます。それは、あくまで文言上のことに過ぎませんが、このような表現が早く改まることを願います。