医療費控除の話

医療費控除の話

医療費控除の対象となる出費は、「治療に必要であるか」という判断によってなされますが、分娩にかかる費用はほとんどが対象とされます。

 

妊娠の確定診断を受けてからの定期健診、分娩費、入院費、手術料、通院交通費、薬代、鍼灸治療やマッサージの代金、通院のための交通費などが医療費控除の対象となっているものは多岐にわたっていますから、レシートや領収書は必ず捨てずにとっておいてください。もちろん、お母さんに対する請求だけではなく、赤ちゃんに対してかかった医療費も対象です。

 

病院から処方されたものだけではなく、一般の薬局やドラッグストアーで購入した薬(シップ薬など)も、医療費控除の対象となりますが、同時に購入している洗剤などはレシートの合計から除かれます。

 

気をつけなければならないのは、支払った金額だけではなく、出産一時金や高額療養費制度で戻ってきたお金、一般の保険会社や共済の生命保険からの給付を差し引かなければいけないことです。乳児医療費も同じです。受給を証明する書類をなくさないようにしましょう。

 

帝王切開での出産の場合、お母さんが生命保険に加入していて、手術給付金や入院給付金などを受け取っていると、差し引き黒字になることも珍しくありませんが、医療費控除は家族単位でなされますから、お父さんや他の兄弟姉妹の分も合算して、10万円を超えていたら申請しましょう。

 

赤ちゃんを連れて、税務署の込み合った窓口へ行くのはとても大変です。書類だけもらってきて自宅で記入して郵送することもできますし、インターネットでの還付申請もできます。ちょっと苦手だから、というお母さんも、窓口に相談してください。3月の込み合った時期をはずして、ゆったりと対応してもらえる時期はいくらでもありますし、実際手続きは対して時間も手間もかかるものではありません。帰ってくるお金はきちんと受け取り、必要なものの購入に当てましょう。