帝王切開体験談@

帝王切開体験談@

帝王切開で長女を出産した夜を、漢字で表せば、まさに「痛」です。とにもかくにも、痛いの一言。

 

手術が始まって、あっという間にわが子とご対面。その後、麻酔が効いて鈍い下半身の感覚の中でも、なんとなく引っ張られているな、と感じながらも処置が終わりました。部屋で落ち着いている間もなく麻酔が切れるとやってくる、激痛につぐ激痛。子宮収縮剤を点滴に入れているせいなのか、入れなくてもそうなる自然の技なのか、子宮がぎゅうぎゅうと絞られるように縮んでいく。うわさには聞いていたけど、これほどとは。

 

自分の体でありながら、戸惑うほどの痛みでした。「いつでもよんでね、」と言ってくれた看護師さんも、三回も呼べば、呼んだところで時間が経たないと痛み止めはもらえないとわかりました。彼女にはどうしようもない、医者にも、私にだってどうしようもないけれど、我慢するのは私です。

 

おまけに手術の傷口は、「切りました」という自己主張的な痛みががんがん響いていました。人間の柔らかく連続した筋肉や組織をメスで切って、かわいそうにホチキス(みたいなやつ)で留められて。そのときはガーゼに包まれて見えなかったけれど、ホチキスの芯が私のお腹にまっすぐ並んでいたのです。見たときには思わず「おー!」と叫んでしまいました。

 

人間、こんな痛い目にあっていいのか、と言うくらい痛い。明日になったらきっと劇的に良くなっているに違いない、明日でなくても近い将来、私は平気で歩き回っているに、違いはないのだけれど、とにかく痛い、予定では、赤ちゃんの誕生をしみじみと喜んでいるはずだったのに。テレビをつけて気を紛らわそうと思っても、音がうるさくて気持ち悪くなるし、もちろん本を読んだりできないし。電気を暗くして背中を丸めて、ただただ「痛い、痛い」と繰り返しながら過ごしていました。

 

そんな夜が明けて、一眠りするたびに私の体は回復していきました。痛みが減った分がそのまま元気に変わっていくようで、乗り越える力も沸いてきました。「苦あれば楽あり」です。 それからゆっくりとわが子の誕生を喜びました。