帝王切開体験談C

帝王切開体験談C

32歳です。6歳の女の子と2歳の男の子がいます。上の子は帝王切開、下の子は自然分娩で出産しました。上の子も、出産当日まで自然分娩のつもりでした。陣痛が来て待機室に入り、後は子宮全開を待つだけでした。定期的にお腹が締め付けられるような痛みが押し寄せてきて、もうすぐなんだなー、と緊張してきました。でも、割と冷静に過ごしていたように思います。

 

ところが待てど暮らせど、痛いは痛いのですがどうも陣痛が弱いらしくてついに陣痛促進剤を打たれてしまいました。分娩台に移り、事前に指導されていた呼吸法を陣痛の痛みににあわせてやってみました。うー、という痛み、どうしてこんなに痛いのに産まれて来ないんだろ、初めての出産なので、この時間が長いのか短いのかわかりませんでした。

 

「帝王切開に切り替えます」と、告げられるまでに、なんだかおかしいぞ、という雰囲気はムンムンしていたのでとても心配になっていました。「早くしてください」そんな気持ちで迷いなんてなかったです。

 

緊急帝王切開だったので全身麻酔でした。赤ちゃんのことが心配だったのですが、医師が落ち着いて、今の段階で赤ちゃんに危険はない、と説明をしてくれたので「よろしくお願いいたします」と、同意書にサインをしました。麻酔から覚めて「女の子ですよ」と娘を見せてもらったとき心底ほっとしました。

 

術後は全身麻酔のためか気分が悪くて頭痛と吐き気に苦しみました。帝王切開は後陣痛に加えて手術の傷の痛みもあります。そのうえ、私は陣痛までたっぷりと味わったので、痛みのフルコース、なんかすごく損したような気がします。とはいえ、まあ、いいでしょう。かわいいわが子が生まれてきたんだから。でも一歩間違ったら、と思うと、出産って本当に命がけですよね。