帝王切開体験談D

帝王切開体験談D

帝王切開で3人の子どもを授かりました。1人目と2人目の間は20ヶ月、2人目と3人目の間も20ヶ月開いています。考えてみたら、子どもが生まれて10ヶ月で、妊娠しているわけです。

 

最初の子を妊娠したとき35歳だったのと、逆子だったせいで予定帝王切開でした。帝王切開で出産することに対して、夫を始め自分の両親も義父母も何も言いませんでした。私も医師に帝王切開を勧められたときに、別になんとも思わず承諾しました。結局、3人とも逆子だったし、自分の年はどんどん増えていくしで、3人とも「当然」のごとく帝王切開で生みました。帝王切開でこんな短期間に3人産んだということで、今になって驚かれますが、当時、私の周りでは「そうなんだ」と、あくまで普通に受け止めていたようです。担当医は「3人、ぜんぜん問題ありません。」と太鼓判を押していました。

 

当時私は、エレベーターのない社宅の4階に住んでいました。お腹が大きくなってから子どもを抱いても、産道がしっかりしているせいか何事も起こらないような気がして、平気で子どもを抱いて4階まで階段を上っていました。さすがに3人目を産む直前に、両脇に3歳と1歳の子どもを抱えて階段を上がってきた私を見た近所の人は、のけぞって驚き、奪うように1人抱いてくれました。時々心配になって、検診の時に「大丈夫でしょうか」とたずねると、医者は「何が?」とでも言うような表情をして、検診の後も「順調です」と一言。最後まで計画通りでハプニングは起こらず、淡々と手術も終えました。

 

出産に対してはこんなにも体力があって丈夫だった私ですが、子育ては、やっぱり40に手をかけていたせいか、周囲のヤングママと体等にはできません。おまけに次々に妊娠していたので、同じぐらいの小さな子と遊ばせようにもそうはいかずに、早めに幼稚園に入れましたが、何かとてこずらされます。

 

「かわいくって、かわいくって」と、とても書けない冷めた私ですが、寝顔は本当にかわいいな、と思います。私が冷めていることも、子ども達がやんちゃなことも、帝王切開とは全然関係ないことだと思います。きっと自然分娩でも私も子ども達も同じだったと思います。

 

感謝すべきは、私に何にも言わなかった周りの人たちかも知れません。やっぱり帝王切開で子どもを産んだ友達は、心無い他人の言葉に傷ついていました。もしかしたら、気がつかない鈍感な私なのかも知れませんが、帝王切開って、出産法の一つで、その必要性があれば、なにもかも当たり前で普通のことなんだと思います。