帝王切開関連ニュース

赤ちゃんを産むときに帝王切開をすることになった場合、出産費用は高いのでしょうか?妊娠してから出産するまでの出費の中でみると、一番大きな金額となるのが、「分娩・入院費」の費用だとおもいます。一般的には、帝王切開であっても実際に持ち出す金額は自然分娩とさして変わらないことが多いようです。自然分娩についてですが、妊娠や出産は病気ではないためので健康保険の対象にはなりません。そのため全額自己負担となってしまいます。

 

帝王切開では麻酔をして、おなかにメスが入りますので産科手術となります。そのため「異常分娩」扱いになるため、治療の対象として手術や投薬、また注射などにたいして健康保険が適用されることになります。保険診療部分が一定額以上となったような場合には高額療養費の対象となります。しかし、出産そのものに対する介助料については自費となります。

 

また、自然分娩と同じように出産育児一時金も支給されることになります。同じ帝王切開であっても、施設や地域、大部屋であるのか個室であるのか入院日数や入院する時期によっても費用にかなりの幅があります。きちんと出産する病院に確認したほうが良いでしょう。入院が長引いたような場合は自己負担が増えてしまいます。この場合には自分が加入している生命保険や簡易保険(郵便局)、共済などの医療特約から給付金が支払われることがあるため、よく確認をしておいたほうが良いでしょう。

帝王切開に危険はないのでしょうか?最近では医療技術の進歩によって帝王切開もより安全に行なわれるようになったようです。しかし、帝王切開をすることは「手術」には変わりありません。そのため術後合併症として再出血(縫合不全)や感染、血栓症(肺塞栓症)、術後癒着(腸閉塞)、麻酔に伴う合併症などのリスクがあります。けれども、そういったリスクをきちんと認識して適切に対応することによりリスクを回避することは不可能ではありません。

 

血栓症とは肺塞栓症(血栓、羊水、脂肪などによる)がとくに大切なポイントになってきます。血栓症のリスクを高めるものに腹部手術と妊娠があります。妊娠中はもともと血栓ができやすい状態となっており弾性ストッキングや下肢の加圧ポンプを用いて肺塞栓症などの予防をおこないます。また、早期離床や積極的な運動なども効果があるといわれています。術後の経過に問題がないような場合は早めに歩いてトイレに行くようにしたほうがよいでしょう。

 

術後癒着についてですが、癒着は手術で傷ついた組織が修復するための「創傷治癒」の一つといわれています。帝王切開はお腹と子宮を切開する手術となりますので、一般の手術と同じように術後の癒着防止対策はとても大切な処置となります。癒着が起こるといろいろな障害が起きることがあります。たとえば下腹部痛などの慢性的愁訴、ほかにも癒着性の腸閉塞などです。

帝王切開による出産をする場合に、入院から退院までについてもきちんと知っておいたほうがよいでしょう。もしも帝王切開が選択された場合には、安全な手術を目指して準備が行われていきます。予定帝王切開の場合には、陣痛が起こる前で赤ちゃんの成長が十分だとおもわれる37週〜38週頃に手術日を設定することが多いようです。

 

帝王切開の手術日が決まると、入院に必要な物や手続き、そして注意点などが説明されることになります。そして術前検査として、血液検査や心電図検査などの術前検査が行なわれます。もしも経過が順調な場合には、手術の前日に入院をおこあい手術7日〜10日後に退院するといったケースが一般的です。入院期間は、術後経過や病院によって異なります。

 

帝王切開で出産をすることになっても自然分娩の赤ちゃんと成長や発育などに違いはありません。安心してもよいでしょう。入院初日には入院に際しての注意事項や手術の説明などが行われます。そして血圧や体重測定、問診によってお母さんや赤ちゃんの健康状態を確認することになります。超音波検査などを行って赤ちゃんの位置を確認します。 お母さんは手術に備え、リラックスしてきちんと睡眠をとりましょう。

帝王切開の手術をする当日には手術に備えて、当日の飲食は禁止されています。そして血圧や体温、脈拍の測定をおこないます。それとともに点滴を開始して血管を確保していきます。手術台では衣服を脱いで手術布がかけられます。導尿の処置をした後に血圧計と心電図計がセットされることになります。手術のときには、まず麻酔(硬膜外麻酔、腰椎麻酔)をおこないます。

 

手術台の上で横向きになって海老のように体を丸めた姿勢で腰に麻酔薬を注入することになります。そして下腹部の皮膚を切開します。下腹部の皮膚を縦か横に切開をおこないますが、緊急な場合は縦に切ることになります。それから赤ちゃんをとりだします。子宮の下部を横に切開しますが、状況によっては子宮体部を縦切開します。卵膜を破ると赤ちゃんが娩出されていきます。

 

それから胎盤を取り出してお産は終了します。上半身は麻酔が効いていないので手術中に赤ちゃんの産声を聞いたり、感激の対面をすることもできるそうです。無事にお産がおわったら子宮を縫い合わてお腹の傷を縫合していきます。子宮は吸収糸(溶ける糸)で縫い合わせて止血を確認したあとにヒアルロン酸でできた癒着防止フィルムをつかって子宮の傷をカバーしながら癒着を防ぐ処置をすることが増えているそうです。

帝王切開をして無事に赤ちゃんを取り出すことができ、さまざまな処置をおえたらお腹の傷を縫い合わせて、皮膚は糸やステープラーなどで止めてからシールでカバーしてしまうと手術は終了となります。帝王切開の手術は一般的にいうと30分から1時間くらいで終了します。また、手術のあとにおなかを縫って閉じることによって本当はくっついて欲しくない組織どうしがくっつくこともあります。

 

これは「癒着」といわれています。特に症状が無ければ心配する必要はないと思います。しかし、最近では癒着を予防するための色々な処置が行われています。手術が終了したら回復室に移動して、経過をチェックします。手術が終了してから数時間くらい麻酔の効果が弱くなります。この傷の痛みに加えて子宮が収縮するための後陣痛の痛みを感じることがあるとおもいます。

 

痛みは我慢せずに看護士さんなどに伝えるようにして痛み止めの処置をしてもらったほうがよいでしょう。お母さんの状態が落ち着いてから、あらためてゆっくりと赤ちゃんと面会することができます。手術後1〜2日目は回復の様子を見ながら過ごしていきます。傷の痛みや後陣痛などが続き、悪露(おろ)が出てきます。手術の経過が順調であれば、術後2日前後くらいで点滴が外されることます。

 

血栓症を予防するために術後経過に問題がない場合には、早めに歩いてトイレに行ったほうがよいでましょう。食事は重湯やおかゆから普通食へとだんだんとすすんでいきます。手術をしてから3〜5日目になると食事は普通食となりますので自然分娩のお母さんと変わらない生活ができるようになります。おなかの傷口の糸やホッチキスがはずされれば翌日にはシャワーを浴びることができます。

日本で「帝王切開」によって出産した人は、2005年の統計でみてみると、総出産数106万人のうち17%にあたる約18万4千人と推定されているそうです。つまり妊婦さんの6人に1人が帝王切開によって出産していることになります。また、出産数自体は減少しているのですが、それにもかかわらず、帝王切開による出産は過去20年間でみると約2倍に増えています。

 

その理由としてあげられるものは、赤ちゃんの安全を重視するようになったことや医療技術の進歩によって、より安全な手術ができるようになってきたことがあげられます。 選択もしくは予定として帝王切開が行われる主なケースとして逆子(骨盤位)、多胎妊娠、児頭骨盤不均衡、前置胎盤、前回帝王切開、高齢出産などがあげられます。

 

逆子(骨盤位)というものは、どういったものかというと、通常では赤ちゃんはお母さんの子宮の中では頭を下にしています。しかし頭を上にした姿勢でいることもあります。この状態を「さかご」といいます。自然分娩を行うと大きな頭が最後に出ていくため、臍帯が赤ちゃんの頭と産道にはさまれてしまい赤ちゃんに十分な酸素が届かなくなる恐れがあることがわかっています。そのため、赤ちゃんの安全性を重視して帝王切開がばれることがあります。

帝王世界で出産する場合には、お母さんの身体の状態などについても考えられてきめられることになります。多胎妊娠とは、双子、三つ子などを妊娠している場合もことを指しています。多胎妊娠の場合には、切迫早産(正常の分娩時期よりも前にお産になりかけている状態のこと)や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の割合が高くなってしまいます。

 

そのため、お母さんや赤ちゃんへの負担が大きくなってしまうので出産方法に帝王切開が選ばれることがあります。他にも児頭骨盤不均衡という状態の場合も考えられます。これは赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤に比べてみて大きかったり、骨盤の形に問題があった場合に、赤ちゃんの頭が骨盤を通り抜けられず、自然分娩が難しくなってしまいます。

 

また前置胎盤という状態もあります。この前置胎盤は聞いたことがあるかたも少なくはないとおもいます。紀子様もそうだったと思います。前置胎盤は胎盤が子宮の出口を塞いでいるために、赤ちゃんが出てこられないケースのことです。そして、出血も多くなってしまいます。前置胎盤の場合には、原則として帝王切開が選ばれることになります。

以前に出産のときに帝王切開をしていると、子宮の傷あとが伸びてしまい薄くなっていることがあります。そのため無理をしてしまうと子宮が破裂してしまう危険性があるので、次の出産のときも帝王切開が選ばれることが多くなります。また高齢出産の場合にも帝王切開が選ばれることがあります。医学的には35歳以上が高齢出産といわれています。

 

高齢出産の場合には子宮口や腟壁の柔らかさが低下してしまいため、赤ちゃんが通り抜けられる大きさに広がらない場合があります。そのため出産時には帝王切開が選ばれることがあります。まあ緊急帝王切開が行われる場合もあります。緊急帝王切開がおこなわれる主なケースとしては胎児機能不全(胎児仮死)や常位胎盤早期剥離 、妊娠高血圧症候群などです。

 

他にも微弱陣痛や遷延分娩、回旋異常なども主なケースとしてあげられます。胎児機能不全(胎児仮死)とは分娩中にときどき起こる合併症のことです。多くは臍帯が圧迫されてしまったり胎盤機能の低下などによって赤ちゃんが十分に酸素を受け取れないことが原因で起こってしまいます。そのため、すぐに赤ちゃんを取り出す必要があります。

帝王切開が選択される場合には、妊婦さんの状態をみて判断されることになると思います。例えば常位胎盤早期剥離という場合もそうだといえます。この常位胎盤早期剥離は赤ちゃんが出生する前に胎盤が剥がれることによって子宮内に大量の出血が起こってしまい危険な状態になることから、すぐに赤ちゃんを取り出す必要があるとされています。

 

他にも妊娠高血圧症候群というものがあります。この妊娠高血圧症候群は、いわゆる妊娠中毒症といわれるものです。妊娠20週目以降から分娩後12週までの間に、高血圧あるいは高血圧に尿タンパクを伴っている状態のことを指しています。あと微弱陣痛というもんもあります。微弱陣痛は子宮の収縮力が弱かったり陣痛の持続時間が短かったり、陣痛の間隔が長いなどの状態が続いてしまうとお母さんが疲れてしまいます。

 

そのため陣痛促進剤で陣痛を強くしますが、それも有効でなく自然分娩ができないこともあります。次に遷延分娩についてですが、これは子宮口が硬いため十分に開かない状態なのでお産が長引く状態のことです。この様なケースでは帝王切開に切り替えることもあります。それから回旋異常というものがあります。出産の時には、赤ちゃんは産道の形に合わせて、頭を回しながら下りてきますが、この回旋がうまくいかないことがあります。

最近では、病院では5人に1人、そしてクリニックでは8人に1人くらいが帝王切開で出産をしている現状です。出産には、いろいろな方法があるということを、知っておきたいものです。日本の帝王切開率はだんだんと上昇しているそうです。このように帝王切開での出産が増えているなかで、できるだけ帝王切開にならないような方法はあるのでしょうか?

 

帝王切開にすべきかどうか微妙なケースが実はあるそうです。自然出産ができるかどうかは「天のみが知る」というところがあると思います。ただ、帝王切開になる理由はさまざまだと思います。そして「このような場合は帝王切開にする」というような統一の基準があるわけではありません。そのため、医師によって、また施設によっても帝王切開をすすめるかどうか違う場合があります。

 

あらかじめ決めておく「予定帝王切開」の場合では、医師と話し合ったり、場合によっては転院をするという選択肢もあります。また自然出産を予定するような場合でも「どのような場合に緊急帝王切開をすすめられますか?」と質問しておいて「できるだけ帝王切開をしないですむようにしたい」と伝えておくのも良いでしょう。

帝王切開は医師によって判断が分かれる微妙なケースもあります。逆子や前回の帝王切開、骨盤は微妙な問題となります。帝王切開にするかどうか特に意見が分かれるという点は、次のような場合だと思います。まずは赤ちゃんが逆子になって直らないままお産になりそうな場合や前のお産が帝王切開だった場合、赤ちゃんの頭に比べて母親の骨盤が小さい(児頭骨盤不均衡)場合などです。

 

そして時代と共に変わる帝王切開の現実があります。逆子の赤ちゃんを自然出産させるということは、医師にとって一般的な技術だったのですが、帝王切開の安全性が高まるにつれて技術を持つ人が現状では少なくなっています。前回が帝王切開だった人は、手術の傷が小さくなってきたことから自然出産の安全性が高まっています。

 

けれども、医療訴訟の問題や人手不足もあってまだまだ帝王切開が多いのが現状です。骨盤の大きさについては、お産が始まるころには骨盤はゆるむことがわかっております。そのため妊娠中には狭いと思われた骨盤も本番には強いことがあります。そして自然出産を試みた方が良いという考えが出てきていますがすべての医師がそう考えているわけではありません。

出産の最中に帝王切開に決める場合もあります。このような微妙なケースとは一体どのようなものなのでしょうか。例えばお産の進みが悪いときなども微妙なケースだといえます。お産がなかなか進まない「難産」という理由から帝王切開になることも実は多いものです。これは赤ちゃんの心音の状態など医学的な問題のほかにも、お母さん本人がどこまで頑張れるかも関係しています。

 

この場合には、リラックスすることができて、疲労が癒されることを試してみるとよいでしょう。好きな音楽をかけてみたり、眠れるようなら眠ったほうが良いでしょう。気分転換に散歩をするのも手だと思います。頑張りすぎでは、その頑張りは続かないからです。帝王切開か否か、グレーゾーンにある人はたくさん居ます。帝王切開にするすべきかどうかは、執刀の責任を負わなければならない医師にとっても重大な問題だといえます。

 

そして手術を受ける人にとっても大きな問題だといえます。帝王切開をするメリットと避けるメリットについて、自分はどのようなケースであるのか、納得いくまでよく説明を受けたほうがよいでしょう。妊婦さん、そして赤ちゃんの条件も、医師の条件についてもみなそれぞれ違います。帝王切開のグレーゾーンにある人はたくさんいますが、帝王切開になる人の半分以上は、グレーな理由だといえるでしょう。

男性が学ぶ出産についての知識として「帝王切開」についてご紹介したいt思います。「もしかしたら、帝王切開になるかもしれない…」と奥さんが落ち込んでいたらあなたなら、どうしますか?妊娠期間も中期を過ぎれば、日を追うごとにお母さんのおなかは大きくなってきます。そして、いよいよ父親になる実感が沸いてくるという男性もいるでしょう。

 

定期健診から帰ってきた奥さんが浮かばない表情をしていて、理由を聞いてみると、医師から「このまま逆子が直らなければ、帝王切開になるかもしれない」と告げられたそうなのです。男性がそれをきいても「逆子?!、 帝王切開?!」って何?というのが正直なところでしょう。「逆子」とは、赤ちゃんの頭が上になった状態のことを指しています。

 

「帝王切開」はママのおなかを切って赤ちゃんを取り出す手術のことなのですが、そのくらいは知っているという方もなかにはいるでしょう。しかし、実際に奥さんがそういう状態になった場合にどのように接してあげたらよいのでしょうか。それに、手術ともなれば入院の準備だって必要となりますし、費用のことも気になると思います。「帝王切開」については男性もある程度は知識として知っておいたほうが良いでしょう。

日本では、約10〜15%の方が帝王切開ママとなっています。帝王切開となる可能性は誰にでもあります。 一般的にお産とは、赤ちゃんが子宮口から膣を通って生まれてくる「経膣分娩」のことをいいます。しかし、何らかの事情があって経膣分娩にリスクがあると判断された場合には、ママのおなかを切って赤ちゃんを取り出さなければなりません。

 

このことを「帝王切開」といいます。帝王切開には大きく分けて2種類のものがあります。一つは事前に相談してから計画的に手術を行う「予定帝王切開」です。そして、もう一つは何らかの事情で母子が危険と判断された場合などに緊急に手術が必要となったときに行う「緊急帝王切開」というものです。

 

医学技術が進歩したことから、おなかの中の赤ちゃんの様子は昔と比べてみるとかなり詳しく知ることが出来るようになりました。そのため、妊娠中の検査で事前に経膣分娩が不可能だと判断されたり、リスクが大きいと判断された場合には、医師と相談してから予定帝王切開を行うことになります。主な理由・原因はつぎのとおりです。逆子、児頭骨盤不適合、子宮筋腫・卵巣腫瘍、双子、前置胎盤
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、前回のお産が帝王切開だった場合などです。

帝王切開は、妊婦さんの誰にでも起こりえる状況だといわれています。実際に日本では実際に約10〜15%の人が帝王切開で産んでいるといわれています。母子の状態や医師の見解にも実に様々なものがありますので、事前にしっかりと説明を受けてから、納得の上で帝王切開の手術を受けられるようにしておきましょう。

 

帝王切開にかかる費用は事前に確認をしておきましょう。たとえば加入している医療保険や生命保険の内容についても再度チェックをするようにしましょう。予定帝王切開では、一般的には陣痛が始まる前のタイミングで手術をすることになります。医師と相談してから、前もって入院日から手術日までが決まります。そのため、余裕を持って計画的に準備をしておくとよいでしょう。

 

帝王切開の費用についてはその施設によって異なります。また、同じ施設であっても入院日数や曜日、そして時期などによってかなりの幅がありますので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。また、通常の出産は病気ではないため健康保険が適用されませんが、帝王切開は産科手術となりますので手術や注射、投薬などが健康保険の適用となります。そして、保険診療部分が一定額以上となった場合には高額療養費の対象にもなります。

帝王切開で出産をして入院が長引いた場合には自己負担が増えてしまいますが、この場合であっても加入している医療保険や生命保険、また共済保険などの医療特約から入院給付金が支払われることがあります。そのため、加入している保険の補償内容についても前もってチェックしておくとよいでしょう。

 

帝王切開をしたお母さんの心のケアや術後のケアにも目を向けたほうがよいでしょう。医師から帝王切開になるかもしれないと告げられれば、驚くお母さんもいれば、ョックを受けるお母さんも多いはずです。平均値だけを見れば全体の約80%が通常分娩(経膣分娩)なので「まさか自分が……」という思いもあると思います。

 

そして、手術への不安や傷跡の心配などから憂鬱な気分になってしまうことがあるかもしれません。ただ、帝王切開の可能性は誰にでもあることです。そして、立派なお産であることに間違いありません。夫としては、そういった妻が持っている不安を和らげながら前向きな気持ちを持って手術に臨めるように、メンタル面のサポートもしてあげましょう。

帝王切開での出産だったら痛くないというような勘違いをしている方もなかにはいるかもしれませんね。出産には陣痛という痛みがつきものなのですが、陣痛の痛みが怖いから出産したくないと思うかたもいますし、帝王切開のほうが楽に産めるというように思っている人もいます。しかい産まれてくる力というものはとてもすばらしいものです。

 

お母さんと赤ちゃんが一緒になってがんばって力を出し切ったお産の素晴らしさを理解して欲しいと考えているかたも少なくはありません。しかし、けっしてお産が「帝王切開になってしまったらダメ」という意味では決してありません。世の中には帝王切開が「陣痛がないので楽だ」というような間違った情報もあるようです。

 

これから産む立場の人がそう思っているのであれば、それはあまりにも偏りがあるとおもいます。きちんとした情報やリスクを勉強してから出産に臨んだほうがよいでしょう。問題は、「自分自身は自然出産を望んでいた。そして、そのために食事や運動などにも気をつけていたのに、帝王切開になってしまった」という人へのケアなのです。

予想しない帝王切開での出産となってしまった場合には、特にメンタル面で傷ついてしまったという人が多いように見受けられるそうです。その最大の理由は、周りの人の無知による心ない言葉です。「帝王切開で出産したから痛くなってよかったね」とか「産道が傷つかなくて良かったね」というような言葉をかける人もなかにはいます。

 

ひどい場合は、「帝王切開だったから産みの苦しみを知らない」や「自然分娩で産まれなかった子どもは我慢強くない」というように、まったくの迷信ともいえる言葉を投げかけられて心の底から傷ついてしまったという人もいます。まず、帝王切開は手術となりますので術後は痛いです。1人目を帝王切開で産んで、とても痛い思いをした人が2人目を身ごもり「とても痛いけれども2人目もがんばって産みます」と前向きに新しい命を迎える心構えをしていると思います。

 

そこには自然出産と同じように「痛みを超えてわが子を迎える」といったお母さんとしての凛とした姿があると思いますす。そのような心構えの人にたいして、勘違いに端を発した言葉で傷つけるということは実に嘆かわしいことです。無知こそ罪だという言葉もありますのでよく知らないで言葉をかけるのは気をつけたほうが良いでしょう。

帝王切開での出産になるのはどのようなケースなのでしょうか?それにしても「帝王切開」という字面にはちょっと迫力があると思います。語源については諸説あります。日本語訳はドイツ語の「Kaiser=皇帝」「Schnitt=手術」が元になっているといわれています。日本で最初に帝王切開手術が行われたのは1900年だそうです。このときに産まれたのが後の国立国会図書館副館長で美学者の中井正一という方だそうです。

 

帝王切開とは、自然分娩つまり経膣分娩が不可能で、あるいは危険性が高いと判断された場合に、子宮を切開して、赤ちゃんを取り出すといった方法です。赤ちゃんの大きさや母親の健康状態などから診断をおこない、陣痛が起きる前に計画的に行う「予定帝王切開」と、お産の途中でトラブルが発生してしまい母子が危険と判断されたときに行う「緊急帝王切開」があります。

 

適用されるのは、胎盤が子宮の出口を塞いでいるため赤ちゃんが出てこられない「前置胎盤」です。また、赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤に比べてみて大きかったり、骨盤の形に問題がある「児頭骨盤不均衡」、赤ちゃんが子宮の中で頭を上にした姿勢でいる「逆子(骨盤位)」などのケースがあります。逆子の場合であっても自然出産ができる産院もありますが、「赤ちゃんが片方の足を曲げている」というような場合には自然出産が難しいとされて予定帝王切開が選ばれることが多くなります。

緊急帝王切開の場合は、赤ちゃんが出生する前に胎盤が剥がれてしまい子宮内に大量の出血が起こる「常位胎盤早期剥離」というような緊急のトラブルが起こった場合に適用となるといわれています。緊急帝王切開と聞くと助産院や個人の産婦人科クリニックで出産を予定している人は心配になるかもしれませんよね。しかし、帝王切開への切り替えを判断するのは、ほとんど分娩第1期の時点です。

 

そのため緊急帝王切開の手術のできる病院へ搬送されても時間的にはみてもまずは大丈夫だということなので安心してください。帝王切開は、近年では世界的に増加傾向にあります。日本でも約16%という数字がでています。米国においては29%の帝王切開率となっているそうです。そしてブラジルや韓国などの国では約40%という数字がでていてかなり高い数字だといえるでしょう。

 

韓国の場合は美容整形率も高いということになりますので、体にメスを入れることにたいして抵抗感が少ないのではないかと考えられます。またブラジルには「ハニー・バジョイナ」(甘い膣)という考え方があります。彼を迎え入れる性器としての膣を守りたいという考え方です。そのため産道が少しでも傷つくよな可能性を避けて、下腹部を切開したほうがよいという考え方があるみたいです。これはお国柄もあるのかもしれませんが、WHOでは帝王切開率をどのような国でも10%以下にするようにと勧告しています。

どのようなお産であっても、ベストをつくしてその後も続く子育てにつなげていくことが理想的だといえるでしょう。帝王切開を受けたことによってメンタル面がとても傷ついてしまったという人について話を戻しますよ。そのときに最善を尽くしたのであれば、いいお産も悪いお産もないのではないでしょうか。忘れてはいけないことは、「自然分娩がゴールではない」ということなのです。

 

予期せずに帝王切開となってしまい、それまでがんばってきた人ほど挫折感を味わってしまうかもしれません。でも自然なお産のためにがんばってきたことはけっして無駄ではないのです。中には予定帝王切開が決まったとたん、マタニティヨガに通うのをやめてしまったという人もいますよね。それこそ不自然な選択になるのではないでしょうか。

 

適度な運動をおこない体を柔らかくしてお産に臨むことは、たとえ帝王切開であっても大切なことなのです。運動不足で下腹部に脂肪が付きすぎてしまうと、その脂肪をかき分けて切開をしなくてはなりません。それは手術する上でもデメリットなのです。生理的にみてもお産が順調に進むように最善を尽くして、そして医療が必要な場合は助けを借りることもあってよいのではないでしょうか。そうしたプロセスを歩んでいれば、帝王切開でも幸せなお産はたくさんあるのです。

帝王切開をおこなう場合、産院の丁寧な説明とケアが必要になるのではないでしょうか。現在のお産がどのような状態であるのか、そしてどういった理由で帝王切開が必要になるのか、また産後のリスクにはどのようなものがあるのかといったことの説明もしないで有無を言わさず医療介入となってしまったケースは心に傷が残ってしまうようです。

 

「陣痛を体験したい」という人にたいしては、一度自然に陣痛がついてから帝王切開の手術を行ったり、帝王切開をした後でも赤ちゃんを胸に抱くカンガルーケアをしていたり、また母乳育児のサポートをしているような産婦さんにたいしてきちんとした配慮をもってケアをおこなっている産院ももちろんあります。

 

だからこそ「帝王切開について何も知らなかった」ということではなく、妊婦さんの時期に事前に正しい知識を勉強しておくことも大切なことなのです。産院から説明があったとしても自らが積極的に納得いくまで説明を求めるというような姿勢も大切になるのではないでしょうか。自然分娩の場合は産道といういのちの道を回ぢりながら赤ちゃんは産まれきますが、何らかの理由で自然分娩が難しかった場合は、たくさんの人にいのちの道を作ってもらい見守られながら産まれてきたということを頭に入れておくとよいでしょう。

帝王切開なら陣痛がなくて出産は楽なのでしょうか?ほとんどの人はできれば避けたいと思っている帝王切開なのですが、実はあまり抵抗感を感じないという人もなかにはいます。また帝王切開が増えているのではないかという声があるようです。厚生労働省は帝王切開の件数を調査しています。最近では医師不足なのですが、帝王切開の増加は考えらます。

 

その背景には、医療訴訟の増加や晩婚・晩産化も関わっています。また女性の気持ちにも変化の兆しがあります。最近では経腟出産への不安が高まっているようです。麻酔出産か、いっそ帝王切開で産むのもいいかも、という声もなかには聞かれるようになりました。「手術もこわいけれど、お産の方がもっとこわい」ということなのです。

 

かなり安全性が高くなったとはいっても帝王切開はれっきとした開腹手術です。陣痛のかわりに術後は麻酔が覚めるともちろん痛みがありますし、その傷は残ってしまいます。稀なことですが、手術の弊害として血栓ができやすいということがあるようです。これは母体に生命の危険が迫るほど大変なことなのです。

帝王切開をするということは、危険が本当に迫ったときのみです。そして、母親がこうしたリスクを賭してまで赤ちゃんを守ろうという決断だといえまです。だからこそ、お腹の傷は勲章だと言われているのではないでしょうか。帝王切開で赤ちゃんを産むと、次のお産も帝王切開を薦められることが多いです。

 

育児をしながらも次の赤ちゃんを産むときは陣痛を体験したいなと思っていても、医師が受け入れてくれないことがあります。それは胎盤の癒着なども、手術をしていない人とくらべてみるとおきやすくなっているからです。逆子は回転術という手段もありますが、医学的な理由で医師から帝王切開を薦められた人があります。

 

その中にも、明らかに帝王切開にした方がいいケースもありまししグレーゾーンという人もいます。たとえば逆子で帝王切開を考えたのであれば、妊娠中に医師がお腹の上から赤ちゃんを動かす「外回転術」という方法も考えられるのです。これは、すべての人にうまくいくというわけではありませんが、かなりの率で逆子が返ります。

 

その地域に知られている回転名人の医師を口コミで探してみたり、かかっている医師に聞いてみるとよいでしょう。「前回のお産が帝王切開だったから」という理由の場合は、これは、医師によっては経腟出産でも受けてくれるかもしれません。思い切ってセカンドオピニオンについて求めることも考えてみるとよいでしょう。

帝王切開の出産についてご紹介します。日本において帝王切開での分娩は全体の16パーセントほどにのぼります。この数字をみてみると6人に1人の赤ちゃんが帝王切開によって誕生していることがわかります。近年では、帝王切開での分娩が増加傾向にあります。それは手術の技術が向上してより安全性が確保できるようになってきたことや、赤ちゃんの安全を重視する傾向によるものと考えられます。

 

また、帝王切開は外科手術の中でも安全性が高いのためお母さんの回復も比較的早い手術です。分娩時のトラブルで医師が訴えられる訴訟の増えてきたことから、より安全性の高い帝王切開が選択肢の一つとして大きな位置を占めるようになってきました。ちなみに、帝王切開の割合はアメリカでは3割だといわれております。そして、ブラジルや韓国では4割に上ります。

 

出産は命がけ、というように日本では昔から言われています。自然分娩での出産の大変さをさしているものですが、帝王切開での出産もまた、お母さんにとってとても大変な仕事です。一つの命を誕生させることに、文字通りお母さんは身を削っているのです。それは自然分娩でも帝王切開でもなんら変わったことはありません。母性なしには成し遂げられないものだといえます。