帝王切開の費用

帝王切開の費用

赤ちゃんを産むときに帝王切開をすることになった場合、出産費用は高いのでしょうか?妊娠してから出産するまでの出費の中でみると、一番大きな金額となるのが、「分娩・入院費」の費用だとおもいます。一般的には、帝王切開であっても実際に持ち出す金額は自然分娩とさして変わらないことが多いようです。自然分娩についてですが、妊娠や出産は病気ではないためので健康保険の対象にはなりません。そのため全額自己負担となってしまいます。

 

帝王切開では麻酔をして、おなかにメスが入りますので産科手術となります。そのため「異常分娩」扱いになるため、治療の対象として手術や投薬、また注射などにたいして健康保険が適用されることになります。保険診療部分が一定額以上となったような場合には高額療養費の対象となります。しかし、出産そのものに対する介助料については自費となります。

 

また、自然分娩と同じように出産育児一時金も支給されることになります。同じ帝王切開であっても、施設や地域、大部屋であるのか個室であるのか入院日数や入院する時期によっても費用にかなりの幅があります。きちんと出産する病院に確認したほうが良いでしょう。入院が長引いたような場合は自己負担が増えてしまいます。この場合には自分が加入している生命保険や簡易保険(郵便局)、共済などの医療特約から給付金が支払われることがあるため、よく確認をしておいたほうが良いでしょう。