帝王切開のリスク

帝王切開に危険はないのでしょうか?最近では医療技術の進歩によって帝王切開もより安全に行なわれるようになったようです。しかし、帝王切開をすることは「手術」には変わりありません。そのため術後合併症として再出血(縫合不全)や感染、血栓症(肺塞栓症)、術後癒着(腸閉塞)、麻酔に伴う合併症などのリスクがあります。けれども、そういったリスクをきちんと認識して適切に対応することによりリスクを回避することは不可能ではありません。

 

血栓症とは肺塞栓症(血栓、羊水、脂肪などによる)がとくに大切なポイントになってきます。血栓症のリスクを高めるものに腹部手術と妊娠があります。妊娠中はもともと血栓ができやすい状態となっており弾性ストッキングや下肢の加圧ポンプを用いて肺塞栓症などの予防をおこないます。また、早期離床や積極的な運動なども効果があるといわれています。術後の経過に問題がないような場合は早めに歩いてトイレに行くようにしたほうがよいでしょう。

 

術後癒着についてですが、癒着は手術で傷ついた組織が修復するための「創傷治癒」の一つといわれています。帝王切開はお腹と子宮を切開する手術となりますので、一般の手術と同じように術後の癒着防止対策はとても大切な処置となります。癒着が起こるといろいろな障害が起きることがあります。たとえば下腹部痛などの慢性的愁訴、ほかにも癒着性の腸閉塞などです。