帝王切開を考えるケース

帝王世界で出産する場合には、お母さんの身体の状態などについても考えられてきめられることになります。多胎妊娠とは、双子、三つ子などを妊娠している場合もことを指しています。多胎妊娠の場合には、切迫早産(正常の分娩時期よりも前にお産になりかけている状態のこと)や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の割合が高くなってしまいます。

 

そのため、お母さんや赤ちゃんへの負担が大きくなってしまうので出産方法に帝王切開が選ばれることがあります。他にも児頭骨盤不均衡という状態の場合も考えられます。これは赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤に比べてみて大きかったり、骨盤の形に問題があった場合に、赤ちゃんの頭が骨盤を通り抜けられず、自然分娩が難しくなってしまいます。

 

また前置胎盤という状態もあります。この前置胎盤は聞いたことがあるかたも少なくはないとおもいます。紀子様もそうだったと思います。前置胎盤は胎盤が子宮の出口を塞いでいるために、赤ちゃんが出てこられないケースのことです。そして、出血も多くなってしまいます。前置胎盤の場合には、原則として帝王切開が選ばれることになります。