出産と帝王切開

出産と帝王切開

以前に出産のときに帝王切開をしていると、子宮の傷あとが伸びてしまい薄くなっていることがあります。そのため無理をしてしまうと子宮が破裂してしまう危険性があるので、次の出産のときも帝王切開が選ばれることが多くなります。また高齢出産の場合にも帝王切開が選ばれることがあります。医学的には35歳以上が高齢出産といわれています。

 

高齢出産の場合には子宮口や腟壁の柔らかさが低下してしまいため、赤ちゃんが通り抜けられる大きさに広がらない場合があります。そのため出産時には帝王切開が選ばれることがあります。まあ緊急帝王切開が行われる場合もあります。緊急帝王切開がおこなわれる主なケースとしては胎児機能不全(胎児仮死)や常位胎盤早期剥離 、妊娠高血圧症候群などです。

 

他にも微弱陣痛や遷延分娩、回旋異常なども主なケースとしてあげられます。胎児機能不全(胎児仮死)とは分娩中にときどき起こる合併症のことです。多くは臍帯が圧迫されてしまったり胎盤機能の低下などによって赤ちゃんが十分に酸素を受け取れないことが原因で起こってしまいます。そのため、すぐに赤ちゃんを取り出す必要があります。