帝王切開をできるだけ避けたいのなら

最近では、病院では5人に1人、そしてクリニックでは8人に1人くらいが帝王切開で出産をしている現状です。出産には、いろいろな方法があるということを、知っておきたいものです。日本の帝王切開率はだんだんと上昇しているそうです。このように帝王切開での出産が増えているなかで、できるだけ帝王切開にならないような方法はあるのでしょうか?

 

帝王切開にすべきかどうか微妙なケースが実はあるそうです。自然出産ができるかどうかは「天のみが知る」というところがあると思います。ただ、帝王切開になる理由はさまざまだと思います。そして「このような場合は帝王切開にする」というような統一の基準があるわけではありません。そのため、医師によって、また施設によっても帝王切開をすすめるかどうか違う場合があります。

 

あらかじめ決めておく「予定帝王切開」の場合では、医師と話し合ったり、場合によっては転院をするという選択肢もあります。また自然出産を予定するような場合でも「どのような場合に緊急帝王切開をすすめられますか?」と質問しておいて「できるだけ帝王切開をしないですむようにしたい」と伝えておくのも良いでしょう。