帝王切開って何?

日本では、約10〜15%の方が帝王切開ママとなっています。帝王切開となる可能性は誰にでもあります。 一般的にお産とは、赤ちゃんが子宮口から膣を通って生まれてくる「経膣分娩」のことをいいます。しかし、何らかの事情があって経膣分娩にリスクがあると判断された場合には、ママのおなかを切って赤ちゃんを取り出さなければなりません。

 

このことを「帝王切開」といいます。帝王切開には大きく分けて2種類のものがあります。一つは事前に相談してから計画的に手術を行う「予定帝王切開」です。そして、もう一つは何らかの事情で母子が危険と判断された場合などに緊急に手術が必要となったときに行う「緊急帝王切開」というものです。

 

医学技術が進歩したことから、おなかの中の赤ちゃんの様子は昔と比べてみるとかなり詳しく知ることが出来るようになりました。そのため、妊娠中の検査で事前に経膣分娩が不可能だと判断されたり、リスクが大きいと判断された場合には、医師と相談してから予定帝王切開を行うことになります。主な理由・原因はつぎのとおりです。逆子、児頭骨盤不適合、子宮筋腫・卵巣腫瘍、双子、前置胎盤
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、前回のお産が帝王切開だった場合などです。