自然分娩がゴールではないことを知っておこう

どのようなお産であっても、ベストをつくしてその後も続く子育てにつなげていくことが理想的だといえるでしょう。帝王切開を受けたことによってメンタル面がとても傷ついてしまったという人について話を戻しますよ。そのときに最善を尽くしたのであれば、いいお産も悪いお産もないのではないでしょうか。忘れてはいけないことは、「自然分娩がゴールではない」ということなのです。

 

予期せずに帝王切開となってしまい、それまでがんばってきた人ほど挫折感を味わってしまうかもしれません。でも自然なお産のためにがんばってきたことはけっして無駄ではないのです。中には予定帝王切開が決まったとたん、マタニティヨガに通うのをやめてしまったという人もいますよね。それこそ不自然な選択になるのではないでしょうか。

 

適度な運動をおこない体を柔らかくしてお産に臨むことは、たとえ帝王切開であっても大切なことなのです。運動不足で下腹部に脂肪が付きすぎてしまうと、その脂肪をかき分けて切開をしなくてはなりません。それは手術する上でもデメリットなのです。生理的にみてもお産が順調に進むように最善を尽くして、そして医療が必要な場合は助けを借りることもあってよいのではないでしょうか。そうしたプロセスを歩んでいれば、帝王切開でも幸せなお産はたくさんあるのです。