希望する分娩方法と帝王切開

帝王切開をするということは、危険が本当に迫ったときのみです。そして、母親がこうしたリスクを賭してまで赤ちゃんを守ろうという決断だといえまです。だからこそ、お腹の傷は勲章だと言われているのではないでしょうか。帝王切開で赤ちゃんを産むと、次のお産も帝王切開を薦められることが多いです。

 

育児をしながらも次の赤ちゃんを産むときは陣痛を体験したいなと思っていても、医師が受け入れてくれないことがあります。それは胎盤の癒着なども、手術をしていない人とくらべてみるとおきやすくなっているからです。逆子は回転術という手段もありますが、医学的な理由で医師から帝王切開を薦められた人があります。

 

その中にも、明らかに帝王切開にした方がいいケースもありまししグレーゾーンという人もいます。たとえば逆子で帝王切開を考えたのであれば、妊娠中に医師がお腹の上から赤ちゃんを動かす「外回転術」という方法も考えられるのです。これは、すべての人にうまくいくというわけではありませんが、かなりの率で逆子が返ります。

 

その地域に知られている回転名人の医師を口コミで探してみたり、かかっている医師に聞いてみるとよいでしょう。「前回のお産が帝王切開だったから」という理由の場合は、これは、医師によっては経腟出産でも受けてくれるかもしれません。思い切ってセカンドオピニオンについて求めることも考えてみるとよいでしょう。